おまとめローン審査は来店不要で受けられます。低金利の一本化で返済を楽にしましょう。

返済に困らない程度の融資

キャッシングとは、金融機関から比較的小額のお金を借り入れすることです。銀行や消費者金融などでおこなうことができます。小額のお金が具体的にどのくらいかというと、一般的には年収の3分の1ほどです。

特に消費者金融では、総量規制という法律により、個人への融資の上限を年収の3分の1としています。この年収の3分の1という金額は、問題なく返済できる可能性の高い金額です。つまりそれ以上の金額の借り入れをすると、返済が困難になってしまう可能性がやや高くなってしまうのです。そのため日本は消費者金融に対して、法的に年収の3分の1までの貸し付けしか認めていないわけです。

銀行では法的な規制はありませんが、やはり返済が困難にならない程度のお金しか貸し付けしないようにしています。そのため年収の3分の1か、それを少々上回る程度の金額を、個人への融資の上限としています。

つまり逆に言えば、キャッシングは高確率でスムーズに返済ができるものだということです。キャッシングは借金地獄に陥る人が多いというイメージがありますが、実際はそのようなことはありません。返済できないような金額は最初から貸りることができないため、安全に利用できるものなのです。

トップへ戻る