おまとめローン審査は来店不要で受けられます。低金利の一本化で返済を楽にしましょう。

審査で重要な信用情報機関

キャッシングにおける審査は、おまとめローンも含めてほぼ確実に信用情報機関の情報を参照します。信用情報機関に登録されている今までのクレジット履歴、クレジットヒストリーと呼ばれるものを確認し、返済能力があるかどうかを判断します。

信用情報機関はどのようなものがあるか

信用情報期間は現在では主なところで「JICC」「CIC」「全銀協」の3社となります。何れも正規の業者であれば加盟をしているものとなり、金融業者各社は信用情報機関を通して情報を共有することになります。また、信用情報機関同士でも情報の共有をしているため、仮にCICに加盟をしていて全銀協に加盟をしていない業者があるとしても、CIC経由で全銀協にも情報が通ることになるのです。

  • 信用情報機関の名称と扱い

JICC・・・株式会社 日本信用情報機構(主に消費者金融系の情報を扱います)

CIC・・・割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(主にクレジットカードなどの信販系情報を扱います)

全銀協・・・一般社団法人 全国銀行協会(銀行の情報を扱います)

信用情報機関に登録される情報

審査の際に参照される信用情報機関に登録される情報は、氏名や住所、申し込み時点での勤務先の個人を判断する情報をはじめ、借り入れの残高や返済の状況、事故情報もしっかりと登録されることになります。また、情報の開示参照履歴である申し込み情報としての記録も残ります。

審査の際にネガティブになる情報

信用情報機関に登録される情報の中でも審査にマイナスに働くものは、直近の月々の返済状況の遅れや不足と、過去の事故情報、多数の申し込み履歴となります。返済の遅れや不足、事故情報については言うまでもありませんが、申し込み情報については気にしていないと月々と申し込みを重ねてしまうため、どんどんと審査に通りづらくなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

登録されている情報についての保持期間は情報によって異なります。申し込み履歴については半年間は残りますので、半年の間に10社などの申し込みをしていると大体どこも審査に通らなくなってしまいます。

ネガティブ情報の登録は厄介

信用情報機関に登録された情報は、間違った情報が登録されていたときを除けば保持期限中は残り続けることになります。一度の返済の大きな遅れ、例え1円の返済の滞納であっても、何ヶ月も遅れてしまうと事故情報として「異動」の記載がされることになります。「異動」情報は言わば「ブラック」としてのネガティブ情報になり、完済をしてから5年を超えない期間は残ることになります。

たった一度の過ちによって今後数年間の長期間に渡ってクレジット審査に大きな悪影響が出ることになりますので、キャッシングにしてもクレジットカードにしても、借り入れを行う際にはよく考えて返済計画を立てて利用するようにしなければならないのです。

トップへ戻る