おまとめローン審査は来店不要で受けられます。低金利の一本化で返済を楽にしましょう。

カードローンも借金である

どのような借り方であれ、キャッシングやカードローンの契約をすれば限度額が設定されます。カードを使ってATMから借りるのも、インターネットから振り込みによる融資を受けるのも、限度額の中で繰り返し借りられる契約内容となっていれば自由にお金を借りることが出来ます。

お金に困ったときに頼れるローンカードですが、あまりにも便利すぎるがためにどうしても借金をしている自覚を失ってしまう場合があり、限度額が自分で自由に使えるお金と感じてしまうことがあります。30万円の枠となっていて10万円を借りているとしても、「あと20万円借りられるからちょっとぐらい使っても大丈夫」と、無駄遣いや遊びにお金を使うために借りてしまうのです。

利息を付けて返済をしていく

借りるときはそこまで深くも考えない方が多いものですが、キャッシングでお金を借りれば当然ながら借りた分の返済に加え、金利や借り入れ期間に応じた利息の支払いもしなければなりません。利息は借りた金額が大きければ大きいほどに負担が増えますので、無駄遣いを重ねて限度額いっぱいまで借りるようなことをしてしまうと、利息負担だけで返済がギリギリになる状況も考えられます。

まだ借りられると考えたら危ない

キャッシングをはじめて利用した場合には、限度額いっぱいまでいきなり全額を借りる方はあまり多くないものです。必要な金額だけを借り、余裕があれば翌月に一括で返済をするなどの計画的な利用をします。しかし、借り入れに慣れてきてしまうと借りることに抵抗感が薄れるため、いくらか借りても「まだ大丈夫」とどんどんと借りてしまうのです。

必要最低限の借金に留めるのが基本

少しの借り入れであれば利息も少ないので一括の支払いも可能ですが、大きな金額を借りてしまうとそうもいきません。思った以上に負担が大きく、支払いが分割で長引いてしまいます。支払いが長引けばそれだけ金銭的にも余裕がなくなりますので、また借りるために他の金融会社に申し込みをし、何社も借りてしまうのです。

考えて使っていけば借り入れは便利

誰もが借金はせずに生活をしたいと考えるものですが、暮らしていく中ではどうしてもお金が足りないときも出てきます。そんなときに便利なのがキャッシングやカードローンとなりますので、本当に必要な金額だけを借りておき、すぐに返せるなら自分に甘くせずに一括でスパッと返しておくと良いでしょう。

トップへ戻る